健康な高齢者になるゾ!(情報ショップ)

健康な高齢者ライフを送るために、八歩おススメのお得な情報と商品を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

柿渋石鹸




オヤジ臭が一度で消えました。
ビックリしました。

そもそも、自分にそんな、オヤジ臭(加齢臭)があるとも思っていませんでした。

いろんな雑談をしてくれる一人のホーム長が、

「加齢臭って、デイの利用者や、入居者からはあんまりしないんですよ。40以上の男のヘルパーからは、独特の体臭がしますけどね。オヤジ臭と加齢臭って違うんですかね?」

という話を始めました。




加齢臭ってなんだろう? という疑問を持ちました。

女の人からは、オヤジ臭い、生臭い饐えたような臭いがあまり無いということも、このときに聞きました。

私は、脂ぎった、オヤジみたいな女性入居者からは、オヤジ臭を嗅いだことはあります。
でも、そんな人は少ないです。



加齢臭について、Wikipedia から引用します

加齢臭は、中高年特有の体臭の俗称。

2000年12月11日に、資生堂の研究所により、中高年特有の体臭の原因が不飽和アルデヒドの2-ノネナール(C9H16O、分子量 140.223 g/mol、CAS番号 2463-53-8)であることが発見された。この体臭は、資生堂により「加齢臭」と言う名称が付けられた。
この体臭成分は、成分は青臭さと脂臭さを併せ持ち、男女ともに性差なく40歳代以降に増加が認められる。自身や自分の衣服から蝋燭・チーズ・古本のような臭いが一つでもしたら加齢臭と考えて間違いない。ノネナールの抑制には、ノネナールの基質となる脂肪酸である9-ヘキサデセン酸の分解を抑える抗酸化剤と抗菌剤が有効である。加齢臭自体は機能性香料で抑えることができる。



なるほど、こういう皮脂が酸化してできる物質の臭いなんだ・・・・と理屈っぽく、納得。

資生堂の研究によると、ノネナールのモトとなるパルミトオレイン酸の分泌が40を過ぎた男性からは増加するんだそうです。

ちょうど厄年あたり・・・・確かにその年齢近辺で体質はかわります。
目が弱くなったり、食べ物の嗜好が変わったり・・・・

私は、その頃から、生玉子アレルギーが強く出るようになり、玉子も、マヨネーズ使用のものも食べられなくなりました。

花粉症が発症したのも同じ頃です。



話を加齢臭に戻します。

女性はというと、40過ぎてもパルミトオレイン酸の分泌が増えず、しかも、女性ホルモンが、パルミトオレイン酸の酸化を防ぐ働きをするといいます。

だから、女性はオヤジ臭くならないのか・・・・と、理解。


加齢臭=オヤジ臭は、皮脂の酸化で出来るモノの問題だったのですね。

だから、お肌に脂っけの少ない、本当の高齢者からは加齢臭があまりなくて、元気な中高年からするわけですね。


こういう臭いは、きっと、私にもあるでしょう。

ない、と言い張るほど、私もあつかましくない。

洗い流したら、さわやかな中高年になれるかも・・・・・

少なくとも、すっきりするでしょう。



さらに、検索していくと、意外と、加齢臭対策の商品がないことに気がつきました。

意外です。

言いだしっぺの資生堂が整髪剤、石鹸、シャンプー、ドリンク剤やサプリメントなどを出しそうですが、ぜんぜんと言っていいほど出していません。

資生堂の研究所が加齢臭の元になっている臭気物質を特定したのが8年前。

そのときに、きっと、資生堂が綺麗なおじいちゃん、おばあちゃんを使って、アンチ加齢臭のセールスプロモーションをやりそうなものですが、ところがそうはならず、加齢臭対策商品なんて、ぜんぜん見当たらないんです。

そんなに、高齢者市場って小さいのかなあ・・・・・と、今でも残念に思ってます。

なんとなく、体臭があるような気がして、そんなときはほんのお気持ちていどに丁寧に洗ったりして・・・・・



昔から、タコ糸や皮細工、和紙などを強くするのに使われてきたのが柿渋。

それが練りこまれた石鹸が、この皮脂を良くとるということは、ありそうだと思いお取り寄せしてみましたた。







これは、石鹸と考えたら、とても高いです。


このモニターに応募したのは、実は、いろんな人が使っているという話をブログで読んだからなんです。

四十代の俳優、ホスト。みんな同じ、丸い柿渋の、この石鹸です。

一度、贅沢かもしれないけれど、そういうのを試してみたいと思いました。

くりかえしますが、石鹸と考えたら、とても高いです。
2,100円。


しかし、一ヶ月は使えるでしょうから、それで劇的にノネナールが除去できたら面白いだろうな、と思ったのも事実。

そして、2,100円で一ヶ月楽しめたらいいなと思いました。


昨晩使ってみた感想は、泡がぼってりとして細かい。

そして、石鹸自体のにおいは、ほとんどない。

こんな細かい泡は、竹炭の石鹸以来です。

あれは、長男のニキビ用に一個かってみたけど、一応の成果がありましたね。

そして、体をあらっているうちに気がついたことがあります。


浴室が、とても生臭いんです。

どんどん、生臭さが、狭い浴室に充満してきます。

もしかして、これ、今泡だらけのタオルでこすっている、私の体の表面から出ているにおい?

洗濯物の生乾きのにおいにそっくりです。

日ごろ自分では気がついていないだけで、皮膚には大量の、生臭のモトが付着していたのか、と思いました。


一度洗い流します。

そして、もう一度柿渋石鹸をボディタオルに泡立てて、体を洗いますと・・・・・さっきの生臭さはほとんど感じません。

洗い流したあわといっしょに、ノネナールが流れていったのでしょう。

毎日フロに入って、適当に洗い流して、お清め していたつもりでしたが、毛根や皮脂を意識して洗ったことはありませんでした。




納得。

見えない汚れを脱ぎ去ったような気がします。



丁寧に毛根を意識して洗えば、オヤジ臭さは相当に除去できるかもしれません。
そのためにも、一度、この柿渋石鹸で綺麗にノネナールを洗い流して、汚れていない自分の肌の臭いを知っておくといいです。

私は、柿渋で渋い中高年になり、ノネナールも除去できるってのは、イメージ悪くないなあ、と思いました。

加齢臭って、皮脂の酸化物の発酵臭だったんだ・・・・

「オヤジ臭いのはオヤジだから当然」だ、と開き直っちゃいけないんですね。

よくわかりました。





翌日です。

自分の腕や脇を嗅いでも、日なたの乾いたようなにおいです。

うれしくて、かみさんに嗅いでもらいました。

ばかばかしいと一笑に付されるかとおもいきや、「ふーん、効果あるのかも、ね」


表面の臭気のもとを洗い流すのですから、即効性があります。

余計な香料を使っていないから、なおさらのこと、臭いがなくなったことがわかります。

オヤジの体臭が消えた、というのは、新鮮な驚きです。

スポンサーサイト

| 加齢臭を除去する石鹸 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://happosiryouseikyu1.blog105.fc2.com/tb.php/25-ded5ebda

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。